ネタバレと感想|タイムホロウー奪われた過去を求めて

タイムホロウ パッケージ DS
タイムホロウ パッケージ
スポンサーリンク

あらすじ

主人公は高校2年生の時尾歩郎(ときお ほろう)は、両親との3人暮らし。飼い猫の名前はフォ朗。
17歳の誕生日前日の夜に夢を見る。火事の中にいる両親が宙に浮かぶ不思議な穴へと消えていく。「行かないで」と叫ぶ幼い自分。
翌日、目が覚めると部屋に違和感があることに気付く。居間に行くと両親ではなく両親とよく喧嘩をしていた叔父・保がいる。両親は12年前から行方不明ということになっていた。
飼い猫のフォ郎が持っていた謎のペン、ホロウペン。その日以来、歩郎の周りでは不可解な出来事が多く起こるようになる。歩郎は大切な人たちを守り、過去を元に戻すため、決意と共にホロウペンを使い、謎を解き明かしていく。

ゲーム内容

2008年発売。ハードはDS。

違和感があるところにホロウペンを使い、過去について調べたり、過去を修正していき友人や家族を救っていく。

かる~い内容

このゲームは些細なことが引き金となる。
序盤で言うと、友達の妹とその女友達の喧嘩をとめないと友達の妹が死ぬ。
・同級生の女の子のメガネをとると、事故って女の子が死ぬ。
・幼馴染の片思い相手が、自転車で外を走っていたら、トラックから落ちてきた荷物の下敷きになって死ぬ。
・そもそも、その日自転車に乗せないように細工をしたら、別の人が荷物の下敷きになって死ぬ。幼馴染がニッパーで片思い相手の彼氏を殺す。
・ニッパーを隠したら、逆に幼馴染が殴られて意識不明。
・主人公の唯一の身内であるおじさんが借金取りに殺される。
・なぜか主人公が殺人犯になってる。
・他にも色々死ぬ 幼馴染3人組は多分一通り死んでる。

これでも序盤の方です。僕だけがいない街やテセウスの船など、過去にワープする物語が好きなら楽しめると思います。

以下ネタバレ(プレイしていないとこれ見てもわからないと思います)







実はホロウペンは歩朗の持つペンの他にもうひとつ存在します。主人公の住む町でアンティークショップを営む一柳清作です。そして彼がこの一連の黒幕となっています。
35年前、一柳清作とその母である一柳奈緒子は、歩朗の父である時尾亘(ときおわたる)に呼び出され、バスに乗り込んだところバス事故に巻き込まれます。結果、一柳清作は軽傷、母は事故により亡くなってしまいます。何度ホロウペンで修正をおこなっても結果を変えることができない。このことから、一柳清作は、時尾亘がホロウペンでバス事故を起こし、母の奈緒子を殺したと思い込んでいます。母を殺された復讐として、歩朗の両親を消したのです。

しかし、本当は一柳奈緒子の自殺でした。自殺の原因は、一柳清作が同級生である十二林かのんを屋上から突き落とし殺したためです。何度修正しても別の方法でかのんを襲うのです。今の歩朗の同級生のかのんはディギングした穴を通って助かった十二林かのんです。

十二林かのんが殺されると、一柳の母が自殺し、一柳が歩朗の両親を消す。この流れを断つために、突き落とされるかのんを救うことになります。かのんに好意を持っていた叔父である時尾保が過去への穴に入り、突き落とされていくかのんのクッションとなり助けます。

エピローグでの、かのんを過去に戻って助けたおじさんからの手紙--

二日後手紙が届いた

「歩朗へ
お前に手紙を書くことにした
俺からの、最初で最後の手紙だ
お前たちの言うとおりなら
この手紙が届くころ、俺はもういない
長いこと彼女を遠くで守ってきたが
もう大丈夫だろう
一柳のヤローは、母親と二人で
この町を出て、戻ることはなかった
今の彼女は、もうひとりの俺と
娘の3人で、幸せに暮らしている
歩朗、
改めて礼を言わせてくれ
俺を過去へ送ってくれたこと
彼女が、未来を取り戻せたこと
すべて、お前のおかげだ
ありがとう…歩朗
誰もお前の努力を知るまいが
俺だけは、ずっと覚えててやるよ
お前が、彼女を
好きだったということもな
…それじゃ、ここまでだ
兄貴たちにもよろしく
伝えておいてくれ
元気でー
時尾 保 」

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました